ネットワークエンジニアの進むべき道

ネットワークエンジニアというのはネットに関する専門家であり、我々の社会になくてはならない存在だと言えます。しかし、その肩書を手に入れたとたんにネットのすべてが扱えるようになるわけではありません。その仕事にもキャリアに応じた段階というものがあり、目指すべきキャリアパスの最終ゴールが存在するのです。

まず、ネットワークエンジニアとして雇われたらならば最初に監視と運用の仕事をすることになります。とにかくネットに異常がないかをチェックし続ける見張り番のようなものです。新人でも十分できる仕事であり、この経験を通してネットワークに関する基本的な知識と経験を積んでいくのです。

その段階を修了すれば、次は構築と保守の仕事が与えられます。要はネットを繋げ、もし障害がでればそれを復旧させる役目です。ここから本格的に専門知識が必要になってくるので、より一層の学習が必要になってきます。その成果を試したいのであればネットワーク関係の資格の取得を目指せばよいでしょう。

資格取得に成功すれば企業からの評価も上がるので一石二鳥です。そしてそこからキャリアアップするとネットワークエンジニアにおけるキャリアパスの最終ゴールである設計と提案の仕事が待っています。この仕事は技術者としての総合力が試されると同時に、クライアントへの提案やプロジェクトチームへの適切な指示を行わなければならないのでコミュニケーション能力が非常に重要になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です